カテゴリー別アーカイブ: diary

Chapter123:体育祭とか、文化祭とか、そんな前夜気分

2017/ 2/19 Sunday

こんばんは。濱田真和です。
明後日から、舞台「monster & moonstar」の稽古がはじまります。

なんだか、体育祭とか、文化祭とか、そんな前夜の気分です。
勿論いつも不安だし、怖いし、
でも、今は割と楽しみな方が強い気がしています。

昨日ふと、高校3年の時の文化祭で、
クラスの皆で劇をつくったことを思い出していました。

うちの高校は、「エクセルシア祭」っていう、
体育祭と文化祭を3日間くらいでやってしまう、
それはそれは僕達にとっては大変な重大行事で、

それぞれが色々な出し物がある中、
僕は体育祭で応援団長をやっていたので、
文化祭への関わりは薄かった覚えがあります。

だからなのか、
文化祭でうちのクラスが何の題材の劇を公演したのか、
あまり思い出せない・・・

西遊記か、桃太郎だった気がしてます。
リーダーが3人くらい引き連れて、悪者退治する系の物語。

僕は当時、お芝居の世界なんか興味なくて、
というか、そんな世界は本当にテレビの中の別世界で、
夢見る事すら許されなかった様なそんな世界。

だからクラス劇にも本気じゃなかった気がする。
それよりも応援団長として、
とにかく応援優勝と競技優勝のダブル優勝に命がけだった。

だから劇の内容は全くと言っていいほど覚えていないのだけど、
準備時間が足りなくて、
うちのクラスだけ台詞を全部録音して、主人公達がその台詞に合わせて動くだけ、

という、すごくお粗末なものだったことは覚えている。

そんな事をやっていたのは本当にうちのクラスだけで、
どっか他のクラスは「真夏の夜の夢」とかをちゃんと、
殺陣とかも交えてやってた。(気がする。)

とにかく、高校3年でこれはないだろう・・・そんな内容だった。

とは言え、
僕もほんの1シーンだけ出演していたことを、昨日思い出した。

相変わらず内容は覚えてないから、
本当に「なんで出たんだっけ?」という感じなんだけど、

僕はなぜか上戸彩さん役で女装して、
当時韓流ブームの先駆けだったヨン様(役)と、

「あなたに聞きたい事がある〜♩だから野を越え、山越えてっ♩」

って唄いながら、
当時流行っていたオロナミンCのCMシーンを演じて、
去っていくという、

あれ、これは、本当に何の物語だったんだろう・・・
西遊記か桃太郎も怪しくなってきた・・・

でも、覚えているのは、
僕は「録音は嫌だ。生声がいい。」って言って、
皆が録音に合わせて芝居している中、僕だけ生声で登場したんだけど、

そのお陰か、割とウケた。(多分、ウケていた。多分。)
多分、男子が女装して(しかも上戸彩さん役で)っていう設定だけで笑えるお年頃だし、
だからだと思うんだけど、多分、ウケていた。多分。

それだけ、なんだか昨日思い出した。

今思えば、夢の様に嘘っぽい話だけど、

もしかしたら、
あの経験が僕の今を突き動かしているのかも・・・

って、そんなわけない。そんな甘くない。軽くない。

でも、
そんなお粗末なものでも、
当時はみんな本気だったし、だから笑えてた。
ワクワクしてた。
前日の夜から皆で学校に忍び込んで、準備していた。

それは確かで、
今も、その延長線上にいるんじゃないかなぁ、って思います。
勿論、そんな甘くないんだけど、

気持ち的には、ずっと、ずっと変わらないんじゃないかなって、思います。
変わらずに、在りたいな、って。

IMG_4170

IMG_4200

メンバー皆で広島に行って、
熊谷弥香主演舞台「広島ジャンゴ」観てきました。

IMG_4193

僕も負けじと頑張ります。

濱田真和 Superendroller

Chapter122:つくり手の顔が見える、

2017/ 2/6 Monday

こんばんは。濱田真和です。
発表がありましたが、昨日diaryで綴った嬉しい出来事とは、
舞台「monster & moonstar」、
衣装協力に「Porter Classic」さんにご参加頂く事となりました。という事でした。

PC logo

これは本当に嬉しい。です。
元々、僕はPorter Classicの大ファンで。
世界的なクリエイターである吉田克幸さん、玲雄さんのモノ作りへの精神が大好きで。

幾度となく、彼等のインタビューを読み漁り、
モノ作り・生き様、本当に色々と影響を受けてきました。

Porter Classicは、
「メイドインジャパン」にこだわり、
「世界基準のスタンダード」をコンセプトに掲げるブランドです。

さらに、剣道着で使われる生地を染め上げたKENDOシリーズや、
近年では、刺し子生地を独自に再現したSASHIKOシリーズなど、
ファッションだけでなく「文化」をつくろうとしているブランドです。

男性のブランドというイメージが強いかもしれませんが、
基本的にはユニセックスを推奨していて、
女性が着ると、これまたすこぶるかわいいブランドです。

詳しくは是非ホームページを見て欲しいです。
http://porterclassic.com/

つくり手の顔がみえる、代表的なブランドだと思っています。

彼等のつくる服には、しっかりと愛があって、
メッセージとその背景を感じられて、

そんな温もりあるこだわりと、愛情を感じられる衣装が、
作品的にも絶対に良い影響を与え合えると思っています。

物語と一緒に、舞台衣装も是非お楽しみに!

b9fa5385c92e4be18832df6f186eac70

濱田真和 Superendroller

Chapter121:衣食住 +

2017/ 2/5 Sunday

こんにちは。濱田真和です。
ずっと天気の良い日が続いていたので、
窓際に机を移動して、ぬくぬくと作業や仕事に勤しむ日々だったのですが。

雲に覆われるとなんだか心も冷えてしまう様な、
そんな日です。が、

舞台「monster & moonstar」について、
新たにとても嬉しい出来事があり、実は心躍っております。
明日には発表出来るかと思いますので、お楽しみに、です。

これは、光栄すぎるのと同時に、本当にとても身の引き締まる想いです。

なんだか背筋がピンと伸びるというか、
ちょっと襟元正そうか、みたいな、こんな日もくるのだなぁ、と。
個人的には人生の中でも、かなり驚きビックリビッグニュースです。

そんなこんなもあって、
いや、毎度毎度作品をつくっていると思う事なのですが、
今回もまた、作品に関わってくださる皆とは、ちゃんと色々なご縁があって、

本当に「すごいよね。すごくない?」っていう縁があるもんで、繋がって。

やっててよかったぁ、って思える瞬間の一つです。

そこには多分、ちゃんと理由もあって、
だからこそ、関わってくれる皆のこれからの為にも、
ちゃんと、愛と意味のある広報をしたいなぁ、と思います。

沢山の人に知って欲しい、愛して欲しいなぁ、と思います。厚かましくも。

愛なんて、前は口にできなかったけど、
最近確かに、そういうもので作品が出来上がっていっている感触があるので、
作品だけじゃなく、日常でも支えられている感触があるので、
出来うる限り、それに触れていたいなぁ、って思います。

ツイッターやインスタグラムで、
ハッシュタグ #monsterandmoonstar

で、舞台「monster & moonstar」の、
ビジュアルアザーカットを毎日更新しています。本番直前まで続くと思います。

応援して頂いている皆様の日常に、
衣食住に、
舞台「monster & moonstar」の事が、
参加するキャスト・スタッフの事が、
ほんの少しでも溶け込んで、日常に、衣食住に、潤いを与えられます様に。

そして、作品を観てもらえるなら、
作品が、その記憶が、皆様のこれからの日常に、衣食住に、
なにかしらの「+」になります様に。

とにかく明日、とてもラヴ&ピースな発表予定です!
お楽しみに!

発表聞いても「え。知らないんだけど」っていう人も多いかもですが、
是非調べて、知って頂けたら◎

濱田真和 Superendroller

Chapter120:向かい合うのではなく、同じ方向を向く

2017/ 2/1 Wednesday

こんばんは。濱田真和です。
記録として、今日、書いておこうと思います。

本日、舞台「monster & moonstar」を書きあげ、
完成稿を各関係者に送った。

昨日、スッと、おちる感覚があって、「あ、きたな」
っていう感じで、完成稿に向かっていった。

自分が書いてもらったものを関係者にみてもらうこの瞬間は、
自分の作品のくせに、いつも喜びと恐怖が相まって、でも今回は、
期待も大きかったりする。

この作品が、どこに向かうのか。
もちろん、僕の中の想定や想像・辿り着く場所はある程度現状あって、
でも、そうならないといいなぁって、最近、よく思う。

そうじゃないとてつもない場所に届けばいいなぁって、思う。

脚本も、前は理論的に、方程式的に、
スタートもゴールも決まっていて、点と点を結びながら書いていたんだけど、
少し前からその書き方に飽きて、
今回は、次の点を定めずに、闇雲に点を探しながら書き進んでいって、
勿論点が見つからなくて何度も迷子になるし、
結局なんだかんだ5ヶ月くらい書いちゃって、
効率の悪いのなんのって感じなんだけど、
今回そういう書き方をして、最後のシーンまで辿り着いたから、

これから、キャスト・アーティスト・スタッフの力が作用して、
重なって、反発したり、確かめ合って、
またゴールまで辿り着く作品であったらいいなぁ、って思います。

そして向かい合うのではなく、同じ方向を向ける作品にしたいと思います。

話は全然変わるけど、
中学くらいのとき、
ブルーハーツとニルヴァーナとゴーイングステディとハイスタンダードに
一気に出逢ってしまった、あの衝撃。

世代はバラバラなのに、
僕は、同時期に全部を知ってしまった。
だからか、
彼等を越える存在は、まだ現れない、っていう話を、昨日した。

でも、彼等の場合、音楽も勿論なんだけど、
でもやっぱり、音楽の前に、
彼等を越える「人」がいないんだろうな、っていう話をした。

濱田真和 Superendroller

Chapter119:何もかもが輝いて、手を振って

2017/ 1/26 Thursday

こんばんは、濱田真和です。
舞台「monster & moonstar」について、
1月28日にまた、追加キャストやその他の追加情報を更新する予定です。
最後の最後まで、ワクワクする方々と出逢えました。
奇跡だと一部では騒いでます。
でもそんな奇跡にも軌跡があって、
なんだか、人が人を呼んで集まってきた様な、今回そんな感覚があります。

僕達Superendrollerで言えば、
Superendrollerっていうチームに人が集まったのではなく、
4人が集まってきて、Superendrollerになった。

今回の作品も、
舞台「monster & moonstar」に集まってきたわけではなく、
人が人を呼んで、舞台「monster & moonstar」になってきた、
という様な感覚です。

ひとまず、28日解禁をお楽しみに。
チケット情報等も公開予定ですので〜
——————————————–
さて先日の話、
一夜で、2人の「憧れ」の人に出逢いました。はじめましてです。

1人は、
『なぁ〜にもかもがぁ〜輝いてぇ、手を振ぅってぇ〜』と唄いながら、
手を振っていました。

かたや1人は、
『最近?瞑想してます。』と言っていました。

ここだけ抜粋すると、なんのこっちゃ、って話ですが、
昔から「憧れ」ていたその2人は、
やっぱりちょっと僕の想像なんか飛び越えていたし、
その空間と時間は、とっても「ピュア」でした。

僕が昔から「憧れ」る人たちの共通点は「ピュア」であるということ。

「ピュア」だから、突き抜けている。
「ピュア」だから、「愛」があって、「I」もある。
「ピュア」だから、その人たちの作品は、=「その人」なのです。

引っ越せど引っ越せど田舎育ちだった僕は、
人よりも「憧れ」というものが強いようで、
時にコンプレックスを感じる程、常に誰かに憧れて生きてきた。
いや、生きている。

でも「憧れ」たちは、
時に現実を見せるし、
時にズタボロにするし、
どんどんどんどん、遠退いていくし。

いいことばかりじゃないけど、
でも、ここまでやってこれたのは、
「憧れ」の気持ちがあったから。「憧れ」たちがいたから。

先日、一夜で、2人の「憧れ」に出逢えて、
めっちゃ緊張して、ワクワクして、うまく話せなかった僕は、
情けなくもあったけど、でもやっぱりやっぱり、嬉しかった。

なんで俺は、いつから淀んじまったのかなぁ〜、と思いながら、
ずっと「憧れ」の気持ちを持った人でいたい。
そう思った夜でした。

僕の不純物を、一個一個、取り除いて生きたい。

濱田真和 Superendroller

Chapter118:親親。

2017/ 1/23 Monday

こんにちは、濱田真和です。

先日、21日。22日になるちょっと手前の時間。
12年一緒にいる、親しい夫婦のもとに、新しい命が誕生しました。

こんにちは、まだ会ってない、小さな新しい命。
まだ、名前も知らない、小さな小さな男の子。
なのに、こんなにも、自分事のように、愛おしいのはなぜなんだろう。

その親友夫婦とは、
福岡の専門学校で同じクラスになり、
2人はいつからか交際がはじまり、
紆余曲折あって、
東京に出てきて、
紆余曲折あって、
それからも住んでる街も一緒で、
毎週の様に会って、
会っても話す事もないのに一緒にいて、
そして、
2人は結婚して、
その親友たちは、1人男の子の、親になりました。

親友親友連呼すると、うさんくさくて、
なんかうさんくさくて、あんまり好きじゃない。
面と向かったら絶対に言えないし、だけど他に思い当たる言葉を僕は持っていない。

でも、親友という字は、
なぜ「心友」でもなく、「真友」でもなく、「親友」なのだろうか。

僕の親しい友達2人は、ついに、人1人の親に。

その小さな男の子は、
すでにお母さんに似ている表情をしていて、
その小さな男の子は、
本当に小さいから、
お父さんのように180cmまで背が届くのか、
ちょっとドキドキする。

ヘクとパスカル「君の好きな色」が響く。

まだ名前も知らない君は、何色を好きになるのか。
お父さんの言われるがままに、バスケットボールをやるのか。
お母さんみたいに、センス抜群の感性を持つのか。

そんな景色に、多分、僕も一瞬だけど混ぜてもらえるから、
ちょっとドキドキする。

悪影響を与えない様にするから、仲良くしてね。
おめでとう。本当に、本当に。

濱田真和 Superendroller

Chapter117:うるせーよお前、だからなんなんだよ。

2017/ 1/18 Wednesday

濱田真和です。こんにちは。
アカウントをつくり直しまして、再開しました。インスタグラム。
https://www.instagram.com/manato_hamada/

個人用というより、Superendroller用だったりしますが、
主に作品と活動記録を。写真で伝えていけたらと思います。
過去のビジュアルとか舞台写真は、ほとんどが藤原宏さん(PYGMYCOMPANY)が撮ってくれてて、
やっぱりそれは感覚もテクニックも機材もずば抜けて全然違うから、
凄く良くて、
なのになぜか今まで独り占めして、公開してないものが多い事に気づいたので、
少しずつアップしていけたらって思います。

それとは逆に、
たまに僕やメンバーが撮ったちょっと素人くさいものも出て来ると思います。

プロもアマも、境界線がなくなってきているこの写真文化の現代で、
#superendroller を通して、
どんなことができるのか、探りながら、今度は楽しんで出来たらいいなぁと思います。
——————————————————

そしてこのdiaryでは、出来る限り言葉で伝えていけたらいいなぁと思っています。
ただ困った事に、
最近、わけあって昔の自分のdiaryをちらっと読み返したのですが、

そうすると、なぜかイラっとすることが多くて、
「うるせーよお前、だからなんなんだよ。」
と自分で自分にツッコんでいることが多いです。

なので最近、
言葉を扱う時に、とても慎重になっていて、結構書く事が億劫だったりします。

なんだか、ちょっと前の自分の言葉はかっこつけていて、
いや、今現時点でも多分かっこつけているのですが、
そんなこと言ったら多分僕は一生かっこつけて生きていく人間なのですが、

なんだか言い方がまわりくどいというか、
伝わり辛いというか、
”深い感じ”で書いている気がしてしまう。

ほら、もう今現時点で、
「うるせーよお前、だからなんなんだよ。」
です。

そんな感じで、僕は最近、割と自分と戦っています。
繕うことばかり上手になって、
その素材の本来の良さを見失っている様なうるせーよお前、だからなんなんだよ。

うーん
もっとシンプルなはずなのになぁ。

濱田真和 Superendroller

Chapter116:「買ってくれ」、ではなく、「愛してくれ」。

2017/ 1/14 Saturday

「買ってくれ」、ではなく、「愛してくれ」。

わかってるはずなのに、ハッとさせられる。
最近、改めてハッとした言葉です。濱田真和です。こんにちは。

舞台「monster & moonstar」、本日メインビジュアルと追加キャストが公開されました。
http://superendroller.com/?page_id=1881

【メインビジュアル】

monstermoonstar-2

長野県まで行って撮ってきました。
雪の中で撮りたいねって、カメラマンの藤くん(藤原宏《PYGMYCOMPANY》)と話してて、
行くまで積もってるかどうかわからなかったんだけど、見事に積もってて、良かった。

寒い中、頑張ってくれたモデルの樋井さん椎名さん、今回はスタッフだったみかとボルト、
そしていつもいつも素敵に切り撮ってくれる藤くん、
本当にありがとう。作品と照らし合わせてこの写真を見ると、グッときます。個人的に。

デザインは、こちらもいつもいつもお世話になってる村上貴紀さん(a.b.c)。
ありがとうございます。
すごく良い写真が沢山撮れたので、他のビジュアルも今後どんどん公開していこうと思います。
そちらもどうぞお楽しみに。

そして、追加キャストが今回4名。

sara ogawa_3 シ島田惇平宣材_2 shikama akashi

はじめましての小川紗良さん、以前から信頼してる俳優の一人・島田惇平さん、
そして、オーディションから決まった鹿間康秀さんと明石泰葉さん。

個性豊かな4名で、
ご一緒出来る事を本当に嬉しく思っています。
いいキャスティングになってきたなぁって、思っています。
キャストだけでなく、スタッフも。

キャストスタッフ共に、まだこれで全員ではないので、
まだまだドキドキワクワクする方向を探っていきたいと思います。

そして、
愛される作品をつくろうと思います。心から。

濱田真和 Superendroller

Chapter115:あけましておめでとうございます。

2017/ 1/7 Saturday

遅くなりましたが、この場を借りて、あけましておめでとうございます。
濱田真和です。Superendrollerは、各々、既に活動をはじめています。

メンバーの熊谷弥香は、2月に広島である舞台「広島ジャンゴ」をつくる為に、
昨日から広島に住み始めました。住んで、舞台をつくるって、すごい。

西にお住まいの方、是非観にいってあげてください。
熊谷弥香、主演です。是非。
———————————————-
僕は大晦日から、実家のある高知県南国市に帰省していました。

img_3552

正月に帰ることが当たり前になってきた近年、
飲んで、食って、寝て、の繰り返しですが、兎に角、
家族と一緒にいます。四六時中。

うちは転勤族だったので、
僕は小学一年までしか高知にいなくて、
だから高知に帰っても友達は一人もいません。
僕だけじゃなくて、兄も妹もそうだと思う。
(妹は大学が高知だったので、それからの付き合いはあるらしい。)

だから、必然的に家族といます。
最近はそれも楽しくなってきました。

家族で初日の出を見て、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家族で墓参りも初詣も行って、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

家族で凧をあげて、(何十年ぶりだろうか・・・)
じいちゃんばあちゃんからひまごまで全員でカラオケに行って、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベイブレード、ガンダムのプラモデル、仮面ライダー、けん玉、折り紙、
兎に角甥っ子たちと一緒に遊んで、(ベイブレードのクオリティの高さに驚く。。。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img_3571

時々、兄と父がリビングでセッションする。
そんなのが、僕のお正月の当たり前です。

父が還暦を迎えたので、お祝いして、
欲しいと言っていたギターを、兄妹3人でプレゼントした。
僕は、父が好きな映画「小さな恋のメロディ」の自作Tシャツもプレゼントした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

父と母と3人でスタバのテラスでお茶もしたし、
母と祖母と3人で大好きな喫茶店も行ったし、
母と2人で愛犬の散歩も行ったし、映画も観に行った。
「この世界の片隅に」
とてもよかった。

fullsizerender-1 fullsizerender

img_3593

母が、
「あんた30手前の男が母親と2人で映画とか行って、
周りからどう見られてるか気にならないの?」
みたいに言ってきたけど、全然気にしてなかった。

img_3604

毎年、帰る度に、家族以上に僕を愛してくれる人はいない、って思う。
年々、そう感じる事が強くなっている。
年をとってきたのかな、僕も。家族も。

東京に帰ってくる日は、年々寂しくなっているように思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京に帰ってきて、
僕は今日、デニムを一本買いました。
Levi’s vintage clothingのリジッドを一本。
501XX 1947年モデル。12.5oz、MADE IN USA。
こういう話をはじめると大抵長くなるし、
めんどくさがられるんだけど、

このデニムを、どう育てていくか。僕の日常には、それがある。
穿き込んで、色落ちさせて、たまに洗って、穿き込んで。
それを繰り返しながら、2017年、どう育っていくか。それが楽しみで。

早速、糊を洗い落とす為に、
ボタンは全部留めたまま裏返しにして洗濯機にいれて、
洗剤は入れずに、ぬるま湯で洗濯した。

それを自然乾燥させて、
ごわごわになったデニムに足を通す瞬間が好きで。
そのデニムが、柔らかくなってきて、身体に馴染んでいく感じが好きで。

ひざやおしり、すそ、段々とヒゲがでてきて、、、

長くなるな、これは。やめよう。

兎に角、大切に、ガシガシ穿こうと思う。
こいつは10年選手にするって決めて、買いました。
だから来年の新年のdiaryも、このデニムの育ち具合について、
綴ろうと思う。

ちゃんと仕事もしてます。します。
やるべきことがたんまりあって、昨日一昨日あたりに驚いたんだけど、
3月の舞台「monster & moonstar」、つくっていきます。

誰かの人生を変えたい、
その為には、
自分の人生を変えるほど、
目の前の作品に取り組むことが必要だから、

そんな気持ちで、企画・制作していきます。引き続き。

また驚くような追加情報も解禁できると思うので、お楽しみに!です!

いつも応援してくださっている皆様。
支えてくださってる皆様。
素敵で、実りある一年になりますよう、心からお祈り申し上げます。

そして本年も、Superendrollerを、濱田真和を、
どうぞ宜しくお願い致します!

濱田真和Superendroller

Chapter114:goodday、goodbye、よいお年を。

2016/ 12/30 Friday

こんばんは、濱田真和です。
まだまだ大掃除に手がついていません。
皆様、いかがおすごしでしょうか。

僕達は昨日、来年の舞台「monster & moonstar」の撮影で、
ちょっと遠出してきました。
161229se001_1189
長野県の諏訪の方まで行って来たんですが、
最高気温氷点下3度、最低気温氷点下8度、みたいなところで、

さらに早朝の2時3時とかから皆動いてて、
協力してくれたキャストスタッフの皆様、本当に本当にありがとうございました。

さっきまで写真をピックアップしてたんだけど、
お陰様で、やっと100枚程度まで絞れました。

何千枚の中から1枚を選ぶっていうのは、
毎度毎度、本当に苦渋の決断です。

ですが、年の暮れにこの作業が出来た事は、
来年の舞台に向けて、色んな意味でとても良かった。
今年と来年を繋げる作業みたいに感じました。

「今年はどんな年だったか」、あんまり振り返るということを普段からしなくて、
というか、あんまり覚えてなくて、毎年毎年、思い出せない。
思い出そうと思えば思い出せるんだろうけど、
かなりの時間がかかりそうなので、しない。

ただまぁ、
次に向かっているし、仲間もいるし、生きている。

ので、良い日々だったんだと思います。
R0011126
goodday,goodbye。

ずっと僕や、Superendrollerを応援してくださっている皆様、
関係者様、友達、家族。
今年、新しくSuperendrollerや僕達を知ってくれた方、
出逢ってくださった関係者様、皆様、

皆様のお陰で、僕達があります。
本当にありがとうございました。

いつまでも未熟で、未完成なぼくたちですが、
これからも、温かく見守って頂き、
時には手をとって、面白いことが出来たら嬉しいです。

来年も、Superendrollerを宜しくお願い致します。
Superendroller

皆様、良いお年を。

濱田真和Superendroller