月別アーカイブ: 2016年3月

Chapter94:誠実って何?

2016/ 3/28 Monday

 

だいぶ遅れて、ですが、

29歳という年を迎えまして。

27,28とかはなんとなく好きだったんだけど、

29は、なんか嫌いです。

早く30って数字がいいなって、思います。

Hello

ここ数週間、いくつかの脚本を書いて、

でもそこに自己投影はしていなくて。

そろそろ自己投影したものを書こうと思っているのだけど、

何かしようとするとき、してるとき、

大概の場合のそんな時、インプットが足りてなくて、

自分の中に、明らかに欠如していて、

でも何かしなければ動かないから、何かしようと、してる。

インプットがないから、アウトプットもなくて、

今が、そんな時間。

ノートに今ある僕の中身を書き連ねていってて、

でもこれがなかなか線にならなくて。

こういうとき、いつも僕は、とりあえず飛び込んでいた。

そして絶対、壁にぶつかる。

ないものを埋める事はできなくて、

点から点へ、どんな線になるかわからないけど、

その間の道筋と障害物たちを探す様に、飛び込んでいた。

でも、今は、“誠実さ”ってものと向き合っていて、

飛び込めずにいる。

“誠実”ってなんだろう。

“誠実”な作品をつくりたい。

160301BB001_0360sea , she , seeとblue , blew , bloomの、

ARCHIVE PHOTOページをつくった。

http://superendroller.com/?page_id=39

その過程で何千枚の写真を見返して、

sssとbbbを経て、

僕だけの過去は、過去に充分に置いてきた気がしてる。

でも、僕だけの過去、なんだよな。結局。

———————————————–

漠然とした、未来。

あるかもわからない、未来。

不安と混沌の、未来。

CMで、明るい未来、みたいなこと言ってるぜ。

信じたいけど、なかなか信じられない僕だぜ。

でも、過去を見つめたら、未来に進まないと、

って思ってしまうよなぁ。

———————————————–

明日は、

Superendrollerいのうえあい、初のワンマンLIVEです。

ミニアルバム「ここにいないのなら」発売記念です。

そのアルバムを聴きながら、これを書いてました。

新曲もあったり、今まで聴いた曲もアレンジが変わっていたり、

僕が作詞を共作した「ブルーキャット」も、

今では随分育った曲になったなぁって思う。

聴き手の問題だけど。

L1005595

渋谷Wasted Timeにて、

19:30Startです。

一緒に聴きましょう。

何か響かせる、歌声の持ち主です。

濱田真和Superendroller

Chapter93:後片付けの最中、

2016/ 3/13 Sunday

忙しさにかまけて、結局のこの更新頻度。

忙しさを理由にする奴が嫌いで、

僕もそんな一人の様です。

絶対書けるはずなのに、書かないのには、そこに理由があるから。

だと思いたい。

Hello

すっごい遅くなりましたが、

blue , blew , bloom、無事に終演致しました。

沢山のご来場、ご声援、誠にありがとうございました。

160301BB001_0643

終わって一週間経つのですが、

その間、何人かのキャストには会う事があって、

話を聞くと、悩んでいました。

次の仕事の事、これからの自分の事、

blue , blew , bloomを経て、またつくり続けていくこと。

終わったと思ったらまたはじまって、

皆、悩んで、生く。

160301BB001_0548

あの頃の青さは、あの頃のままで。

僕自身、そんな自分を見返すいいキッカケになりました。

作品つくりが終わって、勿論「寂しい」って気持ちはあるけど、

それを口に出す人は好きじゃない。

皆、それを食いしばって、次に進まなきゃこの仕事はできないし、

そう在るべきだと思うから。

だから、悩んでる人が好きだなぁ。

時々、それすらをぶっ壊すエネルギーを持ってる人が現れたりもするけど。

160301BB001_0961

——————————————————–

僕の友達で、「歌う為に生まれてきた」って言う人がいて、

「ステージ上、歌ってるときならいつ死んでもいい」って言う人がいて、

僕は、書いてる時ならいつ死んでもいい、とは言えなくて、

書く為に生まれてきた演出する為稽古する為に生まれてきた、

とは言えなくて、

でも最近、

「舞台上でなら」っていう気持ちはわかってきた。

160301BB001_0482

やっと後片付けの終わりがみえてきた。

濱田真Superendroller