月別アーカイブ: 2016年4月

Chapter96:家を一歩でて、

2016/4/27  Wednesday

濱田真和です。
Superendroller LIVE+ingというラインがスタートします。

Hello

http://superendroller.com/?page_id=1572

LIVE+ing(リビング)というネーミングは、
熊谷弥香が思いつきました。

今までのLIVE “scene~”とは違った発信の仕方をしていきたいと思っています。
というか、
sea , she , seeやblue , blew , bloomは、
結局僕の作品だったのですが、

LIVE+ingラインは
初めてメンバー4人揃って、
“4人で、Superendrollerで、つくる。”ということを、
目的としている様な気もします。

L1005118

L1005579

L1004957

L1005024

なかなか集まる事も出来ない4人なので、
Superendrollerとしての自力・地力みたいなのを強くしたいなっていう、
そんな感じで。

そこを経て、またLIVE “scene03″とかに続いていきたい。

今回、LIVE+ingラインで、
コラボレーションして一緒につくっていく、elephant STUDIO。
http://elephant.tokyo/

はじめて”場所”とコラボレーションするっていうこと。

今までも、つくっていく上で会場とか劇場っていうのは、
絶対的に必要だったんだけど、

コラボレーションする、ということにはやっぱり意味があって、
その当たり前のはずの”場所”っていうものに、
目を向けてもらいたいと思って。

部屋の中で、パソコンとテレビがあれば、
娯楽がこと足りる世の中になってきていて、

家を一歩でて、
“場所”に向かうこと、
“誰か”に会いに行くこと、
その道のりや、心と頭の高揚とか、
そういうものが欠落し始めている世の中だから、

僕達が、
“ここに、生る”
“ここで、演ってる”
” LIVE+ing “

っていう目印みたいな、場所をつくりたくて、

話をしてちゃんと共通の意思を持てた、
elephant STUDIOと一緒につくることにしました。

時々、1階のBAR天竺でも、Superendro”BAR”と称して、
4人でBARをやってみようと思います。不定期に、時々に。

イメージはかつての寺山修司・天井桟敷館。

まだ何にも筆は進んでいないけど。

7月29日(金)~8/2(火)、
どうぞ宜しくお願い致します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この写真はまだ仮ビジュアルなんだけど、
地元・高知で僕が撮った、初日の出の時。
今年初めて飛んだ飛行機。

濱田真和 Superendroller

Chapter95:とにかく、とにかく

2016/ 4/17 Saturday

熊本をはじめ、
九州の皆様、この度の地震に関して、
本当に心よりお見舞い申し上げます。

Superendrollerを代表して、僕、濱田真和が少し綴ります。
4人共、皆、気持ちは同じです。

いのうえあいと、光根恭平は福岡の出身です。

僕は、出身こそ違えど、
熊本市内に小学2年〜4年生まで、
宮崎日南に中学2年〜高校卒業まで、
福岡市内に専門学校の2年間、住んでました。

弥香も知り合いが住んでいるそうです。

僕達の近しい人は、現状無事だという報告を受けています。
が、その人たちが、今感じている恐怖は、
想像しただけでも凄まじいもので、
そんな想像を簡単に越えてしまっているのだろうと、思います。

熊本にも、宮崎にも、福岡にも大切な人たちがいます。
その大切な人たちの、大切な人たちがもっと居ると思うと、
苦しいです。

大切な人と離ればなれにならないように、
少しでも不安や恐怖を軽減出来る様に、
誰かと、
手を差し伸べ合って、
助け合ってください。

出来る限りの安全な場所で、
眠れない日も続くと思いますが、
少しでも身体を休められる様に。

とにかく、
とにかく、
今、孤立状態にある熊本が、
不安を募らせる大切な人たちが、
一刻も早く、
平穏を取り戻します様に、
祈っています。

僕達は、
今出来る事を、
必死に考えます。

濱田真和Superendroller