月別アーカイブ: 2017年4月

Chapter138:言葉でぶっ飛ばす

2017/ 4/15 Saturday

最近、悲しいことが多い。
悲しい出来事が身の回りで起こっている、
というよりは、
「悲しい」と捉えてしまう事柄に直面する、ということなんだけど。
濱田真和です。

嬉しいことも多くて、4月、
ガタゴトガタゴト動き出していて、

だからこそ、「悲しい」を捉えてしまうと、
すごい身体からの拒絶反応がでてしまう。

なんでそんなことしちゃうんだろうよ、
それは、やっちゃいけないことだろうよ、
それを、「そんなのお前の中の正義だろ?」
って言われちゃそれまでだろうけどよ、
でもお前がやってること、
めちゃくちゃかっこ悪いしサイテーだろうよ?

そんなんだから、今、
言葉を表現したくなっている。
とてもとても、今までにないくらい、言葉でぶっ飛ばして、
芝居で、作品で、
そんなこんなをぶっ飛ばしてやりたい。

ひとまず小説を書き始めた。
夏までには仕上げたいと思う。
言わないとやらないから、言いました。

自分の心が虚しくならないように、
毎日毎日必死なんだ。

だからもう、そんな「悲しい」こと、
見せないでくれ。

濱田真和 Superendroller

Chapter137:実は、退屈しのぎ

2017/ 4/8 Saturday

新しい世界をつくることも、
飛び出すことも、敷かれたレールに乗っかることも、
その少年の心はいつも孤独で、

レールに乗っかっていたり、
レールからわざとはずれていたり、
気づかぬうちにはずれていたり、

誰かを頼りたくなることを、甘え心と呼ばれ、
より、少年を孤独な高見に追いやろうとする優しい大人。

少年は果たしてそこに辿り着いた時、
孤高と呼ばれて、果たして満足できるのだろうか。

途方もない瞳で、
果てのない遠くを見つめて、
実の心はすぐそばで寝そべってみたいはずなのに

ただただ、三大義務の精神に囚われているかのように、
勝手に課した、
課された、
やるべきことに、
命を燃やすしか、生きる方法がないと決めつけている。

実は、退屈しのぎか、
実は、まことの心か、

その先に、確かな孤高の世界は、あるのか
いってみなきゃわからないけど、
いった人しかわからない、孤独の先。

探すふりをして、
泥くさいふりをして、
そんな姿が、泥だらけ。

少年をみていて、そんな風に思った夜。

濱田真和 Superendroller