月別アーカイブ: 2017年5月

Chapter140:突き抜けた、恋をしよう。

2017/ 5/13 Saturday

セブンイレブンの豆大福がマイブーム、濱田真和です。

雨降りロマンチックドラマティックサタデー。

先日、岡山健二さん率いる、classicusのライブに行って、
小さなハコながら、とても素敵な幸福感に包まれその帰り道、余韻に浸りながら、

「突き抜けたラブストーリーを書きたい」

って、春の夜風を浴びていました。

そんな時に思い出したのが名画「トゥルー・ロマンス」

51VWA5PBX2L._SY445_

言わずと知れた名作ですが、
一生に一度はこんな恋愛作品をつくってみたいなぁ、
はたまた、
一生に一度はこんな恋愛をしてみたいなぁ、

と、春頃によく道端に登場する危ない人みたいな思いに耽っていました。

そうしてると、
最近知り合った方のベストムービーの一本にも
「トゥルー・ロマンス」の名前が挙ったりして!

ただ、これを日本で、う〜ん、『日本』でやるとなるっていうと、、、

とかみたいな話になってそこでその話は終わったわけなのですが。

そんな最近、

ドラマ「奇跡の人」を観ました。
(観るのが本当に遅かった、、、)

o0740064013626057530

先週、急に風邪で体調を崩し、
でも家でただ寝込んでいてもしょうがないので、
2日間で一気に全部観てやったのですが、

ここここれは!!!と。
是非、こういうドラマをゴールデンでやってほしい!
是非、こういうドラマをゴールデンでやってほしい!
(色々な大人の事情で難しいことはわかっているけど、あえて2回言います。)

素晴らしいドラマだな、と感動しました。
毎話、毎話、しっかり感動出来る。

中学からのマイヒーロー・銀杏BOYZ峯田さんが主演っていうことは勿論なんですが、
ストーリーも、テーマも、音楽も、ファッションも、
全てが一本に繋がり、存在している。

多分、
この作品に関わっている全ての方々が、
この作品の意味を理解し、提案している。

僕にとっては、
ある種の「突き抜けたラブストーリー」だったわけです。

去年、劇場で嗚咽する程鳴いた邦画、
「湯を沸かすほどの熱い愛」でも同じ様な印象を受けました。

5d1dc0dd5752ecdc

上記にあげた3作に共通している事は、
おそらく、
「突き抜けている」ということで、
それは多分、
「風穴をあけている」ということで、
それは多分、
「時代に別角度から風穴をあけられるくらいの強さがある」ということで、
それは多分、、、

全員が、全員、
ちゃんときちんと、
「その作品に、恋をしている」

ということなんだと、思います。

うん。

突き抜けた、恋をしよう。

濱田真和 Superendroller

Chapter139:やっぱり僕は、雑誌が大好きです。

2017/ 5/1 Monday

こんにちは、濱田真和です。

『あ!!!』

という間に5月ですね。

普段から、
ファッション・カルチャー・芸能・インテリア・クリエイティブなどなど、
とにかくなんでも雑誌を読み漁る僕ですが、

本日5月1日発売の月刊「ブレーン」2017年6月号VOL.683内の人気企画、
青山デザイン会議「物語をつくる妄想力と創造力」で、
クリエイティブディレクター・黒須美彦さん(シンガタ)、
映画「そうして私たちはプールに金魚を、」監督・長久允さん(電通)
と、鼎談させて頂きました。
▷https://www.sendenkaigi.com/books/back-number-brain/9920

第一線でご活躍されている御二方と、
またまた普段から読んでいるブレーンさんにお声掛け頂き、
ご一緒出来、とても光栄です。

僕は、
「自分のやりたいことをやるためだけに」
どうすればできるのか、
時にアクションを起こしながら、
時に逃げ回りながら、

特にこの3年くらいは、
本当に自分の都合がいいように作品をつくってきました。

それは、本当に善し悪しがあって、
今、改めて人と一緒に仕事をつくる難しさみたいなものを痛感しています。

って色々最近気づかされることも多いのですが、

でも、この3年を費やして得たものは、
とても大きいんじゃないかな、と実感もできた2017年4月でした。

僕みたいな人間は、
自分が出来ること、
自分にしか出来ないことを見極めて、

ちゃんと作品をつくっていこう、
作品に参加していこう、と。
これからもそうありたいな、と思います。

とにもかくにも、ブレーン、
全10ページ、素敵な記事になっていて、
色々Superendrollerについても書いてもらってます。

是非全国の書店でお買い求めください。

やっぱり僕は、雑誌が大好きです。

あ、

メンバーの光根恭平も男性ファッション誌『RUDO』6月号で、
ガッツリ掲載して頂いてます。こちらも是非ご覧ください。
かっこいいです、僕が言うのもなんですが。

濱田真和 Superendroller