月別アーカイブ: 2017年7月

Chapter144:遊び人から、いつか、賢者に。

2017/ 7/27 Thursday

最近車に乗ることも増え、
ただ、マイカーはあまり大きくもなく、新しくもなく、
かといって、アメリカンヴィンテージみたいに古いわけでもなく、
ただ、ちょっと前の車、ということで、
カーナビも古いタイプのでよく使い方がわかりません。
車内ではCDしか聴けません。
でも、この車には色々愛着があるので、
今後もあまり手を加えることはしないで、このままでいこうと思います。

なので、最近、BOOK OFFによく通い、
CDを漁っています。一度は全て手放してしまったCD。
今漁ると、ジャケットデザインと、サイズ感とか、とてもクールです。
レコ屋でレコードを漁るのとはまたちょっと違った感覚。
少しずつ、車内BGM用に、集めて行こうと思います。

濱田真和です。

ドラクエ11がしたいです。たまらなく。
7月29日発売です。
今回は、主人公が「悪魔の子」らしいです。おおお

僕は、普段ほとんどゲームをしません。しなくなりました。
携帯ゲームなんて、全くやりません。

小さい頃もほとんどドラクエしかしなかったです。
スーファミまで。ドラクエ6まで。
いや、7もちょっとしたかな。初の3D。プレステで。
でも多分全クリはしてないと思う。

それからは全くドラクエにも触れなくなり、
でも、人生の中で、ドラクエから培ったものはとても大きく、
今、僕の人生は、
賢者になる為に、一生懸命遊び人のレベルをあげている途中です。

色々な武器も手に入れ、
防具も手に入れ、
ちょっとした特技も出来て、
頼りになる仲間と旅をして、

はて、いつ、賢者になれるのかな

賢者ではなく、堅者にならないように気をつけないと、と思う最近です。

っていう話がしたくて、ここまで話しました。

なんだか、

「お前はいつからそんなに構える様になったんだ」
自分に対してそう思う最近です。

経験値があがったからなのか
それなりの武器や防具を手に入れたからなのか
同じ町のまわりばかりウロウロしてるからなのか

ムドーに挑む前に、
もう勝てるとわかってるスライムやドラキーとばかり戦っているような気持ちです。

このままでは、賢者ではなく、堅者になってしまう気がします。

いかんいかん

武器も防具も捨て、
新たな町に旅に出よう。

勝てるかわからない敵に挑もう。

町の人や村人に、いっぱい話して情報を手に入れよう。

そんな基本が出来なければ、ゲームクリアは出来ません。
宝箱も、見つかりません。

遊び人から、いつか、賢者に。

そんなことを考えていたら、
無性にドラクエ11がしたくなりました。

よし、
まずは、
ドラクエ11をする為に、
3DSを買おうか。いや、プレステ4か。

濱田真和 Superendroller

Chapter143:それだけの差

2017/ 7/20 Thursday

人生には大きな波があって、
その間隔が短かったり、長かったり、不安定だったり、
世界情勢や環境問題なんかもすごくそれに通ずるものがあると思っていて、

善い時も悪いときも、
その受け止め方がたくましい人になりたいなぁと、いつも思います、
こんにちは濱田真和です。

たった今、仲間から、とても嬉しい話を、本当にたった今、聞いた。

その話ってのは、
その人の人生において、
本当にターニングポイントになるような大きなことで、
たった一日で人生がひっくり変える様な(多分)心持ちで、

それもこれも、生まれてこのかた、ずっと中心の芯がブレずに、
ここまでやってきたからこそ、辿り着けたターニングポイントなんだと思います。

多分、「誰も」が辿り着ける可能性はある場所なんだけど、
「誰でも」はいけない場所。

この「誰も」から「誰でも」の間、

自分で可能性を潰し、諦めるかどうか、
自分の可能性を信じ、続けられるかどうか、

本当に「それだけの差」なんだろうな、と、最近よく思います。

勿論、それだけ、で片付けてしまえるほど、
人生って甘くないのは承知で、

色々な事情も葛藤もあって、
才能がある、ない、とか、
努力するか、しないか、とか、
そういう、
先もみえないのに、そういうのを全部糧にして進んでいかなきゃいけなくて、

でも言葉にしてみたら、

諦めるか、続けるか

たったそれだけの差。

仲間達と一緒に、その「それだけの差」を乗り越えていけたら、
心強いだろうな、と思います。
僕も頑張ります。

ひとまず、おめでとう。
ここからだ!

Superendroller 濱田真和