Chapter123:体育祭とか、文化祭とか、そんな前夜気分

2017/ 2/19 Sunday

こんばんは。濱田真和です。
明後日から、舞台「monster & moonstar」の稽古がはじまります。

なんだか、体育祭とか、文化祭とか、そんな前夜の気分です。
勿論いつも不安だし、怖いし、
でも、今は割と楽しみな方が強い気がしています。

昨日ふと、高校3年の時の文化祭で、
クラスの皆で劇をつくったことを思い出していました。

うちの高校は、「エクセルシア祭」っていう、
体育祭と文化祭を3日間くらいでやってしまう、
それはそれは僕達にとっては大変な重大行事で、

それぞれが色々な出し物がある中、
僕は体育祭で応援団長をやっていたので、
文化祭への関わりは薄かった覚えがあります。

だからなのか、
文化祭でうちのクラスが何の題材の劇を公演したのか、
あまり思い出せない・・・

西遊記か、桃太郎だった気がしてます。
リーダーが3人くらい引き連れて、悪者退治する系の物語。

僕は当時、お芝居の世界なんか興味なくて、
というか、そんな世界は本当にテレビの中の別世界で、
夢見る事すら許されなかった様なそんな世界。

だからクラス劇にも本気じゃなかった気がする。
それよりも応援団長として、
とにかく応援優勝と競技優勝のダブル優勝に命がけだった。

だから劇の内容は全くと言っていいほど覚えていないのだけど、
準備時間が足りなくて、
うちのクラスだけ台詞を全部録音して、主人公達がその台詞に合わせて動くだけ、

という、すごくお粗末なものだったことは覚えている。

そんな事をやっていたのは本当にうちのクラスだけで、
どっか他のクラスは「真夏の夜の夢」とかをちゃんと、
殺陣とかも交えてやってた。(気がする。)

とにかく、高校3年でこれはないだろう・・・そんな内容だった。

とは言え、
僕もほんの1シーンだけ出演していたことを、昨日思い出した。

相変わらず内容は覚えてないから、
本当に「なんで出たんだっけ?」という感じなんだけど、

僕はなぜか上戸彩さん役で女装して、
当時韓流ブームの先駆けだったヨン様(役)と、

「あなたに聞きたい事がある〜♩だから野を越え、山越えてっ♩」

って唄いながら、
当時流行っていたオロナミンCのCMシーンを演じて、
去っていくという、

あれ、これは、本当に何の物語だったんだろう・・・
西遊記か桃太郎も怪しくなってきた・・・

でも、覚えているのは、
僕は「録音は嫌だ。生声がいい。」って言って、
皆が録音に合わせて芝居している中、僕だけ生声で登場したんだけど、

そのお陰か、割とウケた。(多分、ウケていた。多分。)
多分、男子が女装して(しかも上戸彩さん役で)っていう設定だけで笑えるお年頃だし、
だからだと思うんだけど、多分、ウケていた。多分。

それだけ、なんだか昨日思い出した。

今思えば、夢の様に嘘っぽい話だけど、

もしかしたら、
あの経験が僕の今を突き動かしているのかも・・・

って、そんなわけない。そんな甘くない。軽くない。

でも、
そんなお粗末なものでも、
当時はみんな本気だったし、だから笑えてた。
ワクワクしてた。
前日の夜から皆で学校に忍び込んで、準備していた。

それは確かで、
今も、その延長線上にいるんじゃないかなぁ、って思います。
勿論、そんな甘くないんだけど、

気持ち的には、ずっと、ずっと変わらないんじゃないかなって、思います。
変わらずに、在りたいな、って。

IMG_4170

IMG_4200

メンバー皆で広島に行って、
熊谷弥香主演舞台「広島ジャンゴ」観てきました。

IMG_4193

僕も負けじと頑張ります。

濱田真和 Superendroller