Chapter130:舞台「monster & moonstar」キャスト紹介⑥ 島田惇平さん

2017/ 3/18 Saturday

おはようございます。濱田真和です。
本日、舞台「monster & moonstar」二回通しです。
今日、何を拾えるのか、掻き集められるのか、
そして捨てれるのか。

本日紹介するのは島田惇平さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「快」という男の子を演じていただきます。

「快」は読んで字の如く。
物語を転がす、大きな、大切な、役割を担って頂きます。

この本を書いた時、快は絶対にJP(島田惇平)がいいな、と思いました。
はじめましてのキャストが多い中、
この役は、はじめましての人には任せられない、と思いました。

JPとは、
数年前にとある作品でご一緒して、
それから何度か一緒に作品をつくって、
Superendrollerを立ち上げてから、毎回オファーしてたけど、
やっと今回、一緒につくれます。
数少ない、信頼出来る役者の一人です。

久しぶりにあった彼はひとまわり大きくなっていて、
規格外で、
やりたいこともはちゃめちゃで、
でもやっぱり「快い人」でした。

快い風を求めて、
快い時間を集めて、
快い人と一緒に。

ただ、まだ、
発展途上の彼は、
「快い」ところに居たいだけの人間なのかもしれません。

快い、を求める、
その裏っ側は、憧れや嫉妬・苦悩が見え隠れ。
意外と、臆病者。
だから、時々、無理矢理、
快い方に旅しているようにみえます。
そんなことはない、って言われそうですが。

そんな、島田さんの「快」を、是非堪能しにきてください!

【ご予約】

https://www.quartet-online.net/ticket/mandm

【ホームページ】

http://superendroller.com/?page_id=1881

濱田真和 Superendroller