Chapter132:舞台「monster & moonstar」キャスト紹介⑧ 明石泰葉さん

2017/ 3/20 Monday

こんにちは。濱田真和です。

本日紹介するキャストは明石泰葉さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「春」という女の子を演じて頂きます。

個人的な話ですが、
2年前から花粉症が発症して、春が嫌いになりました。
本当に、嫌い。花粉症、大嫌い。昔はなんか好きだったのに・・・

作品を上演する際、いつも上演期間の季節を意識するようにしているんだけど、
例えば、梅雨時期なら雨がジトジトするような質感や、
夏にやるなら、汗が滲むような、
春にやるなら出逢いと別れ、とか・・・

勿論、全てが組み込めるわけではないけど、
今回は、出逢いと別れっていうのは潜在的テーマにあって。

作品の中でその転機を担うのが「春」という女の子です。
ウィキペディアで「春」って調べると、
「冬の次、夏の前」って当たり前の言葉が出てくるんだけど、その言葉が好きだなぁって。

四季と定められた、日本の自然は、実は不確かで、
でも確実に訪れる変化で。僕らが感じている「春」は、本当に「春」なのか、と。

明石さんは、オーディションに参加してくれて、

1次と2次オーディションで芝居と人をじっくり見て、
3次は一緒に喫茶店でお茶をした。

そこで、彼女の過去に触れて、「悩み」の塊の様な子だな、と思った。
僕は、悩まない人間より、悩んでいる人間が好きだ。
でも、悩んでいることを見せつける人間は好きじゃない。
悩みながら、悩んでいない様に必死に振る舞っている人を見ると、
グッとくる。

彼女が今、そんな境目にいるのかな、と思う。
それが、「春」という女の子に、リンクするな、って思いました。

明石さんの悩んでいる姿をもっと見せつけたらいいと思う。
悩んでいるように見せない様に、見せつけたらいいのにな、って思います。

そこを飛び越えるのは、多分本当に一瞬の出来事だから、
その景色を見つけて欲しいなって思います。

是非、飛び越えた明石泰葉の姿を、目撃しにきてください!

【ご予約】

https://www.quartet-online.net/ticket/mandm

【ホームページ】

http://superendroller.com/?page_id=1881

濱田真和 Superendroller