Chapter143:それだけの差

2017/ 7/20 Thursday

人生には大きな波があって、
その間隔が短かったり、長かったり、不安定だったり、
世界情勢や環境問題なんかもすごくそれに通ずるものがあると思っていて、

善い時も悪いときも、
その受け止め方がたくましい人になりたいなぁと、いつも思います、
こんにちは濱田真和です。

たった今、仲間から、とても嬉しい話を、本当にたった今、聞いた。

その話ってのは、
その人の人生において、
本当にターニングポイントになるような大きなことで、
たった一日で人生がひっくり変える様な(多分)心持ちで、

それもこれも、生まれてこのかた、ずっと中心の芯がブレずに、
ここまでやってきたからこそ、辿り着けたターニングポイントなんだと思います。

多分、「誰も」が辿り着ける可能性はある場所なんだけど、
「誰でも」はいけない場所。

この「誰も」から「誰でも」の間、

自分で可能性を潰し、諦めるかどうか、
自分の可能性を信じ、続けられるかどうか、

本当に「それだけの差」なんだろうな、と、最近よく思います。

勿論、それだけ、で片付けてしまえるほど、
人生って甘くないのは承知で、

色々な事情も葛藤もあって、
才能がある、ない、とか、
努力するか、しないか、とか、
そういう、
先もみえないのに、そういうのを全部糧にして進んでいかなきゃいけなくて、

でも言葉にしてみたら、

諦めるか、続けるか

たったそれだけの差。

仲間達と一緒に、その「それだけの差」を乗り越えていけたら、
心強いだろうな、と思います。
僕も頑張ります。

ひとまず、おめでとう。
ここからだ!

Superendroller 濱田真和