Chapter150:次の一歩は、同じじゃいけないな、

2017/ 11/14 Tuesday

世の中、本当にいつ何が起こるかわからない。
改めて。濱田真和です、こんにちは。

舞台「hammer & hummingbird」キャストスタッフオーディション、
本当に沢山のご応募ありがとうございました。

昨日、応募頂いた皆様全員に返信メールを送りました。
もし、届いてない、という方は、
info@superendroller.comからの受信設定をご確認の上、お問い合わせ下さい。

今週末、皆様にお会い出来ること、本当に楽しみにしています。

さてはて、
最近珍しく、占いみたいなのを毎週チェックしているんですが。
これがなかなか結構的を得ていて面白い。
▷青山ひかり先生が西洋占星術とタロットで占う「今週の12星座」

今まで、誕生日占いとか動物占いとか手相とか姓名判断とか色々一応やったけど、
大体いつも書かれている内容は似通っていて
(それはそれですごいし、納得するんだけど)、
なんか「あ〜またか」みたいなところがあって、基本的にあまり信じていなかった。
だから占い師さんにお世話になったこともない。
だけどこの青山先生のは、毎週毎週、「え?」って思う様な切り口からつついてくる。
だから面白くて新鮮で、なんかハマってます。

僕は魚座なので、その今週の魚座の占いをみて、今、考えている事とか、
次の作品とすごくリンクしたところもあったので、最近考えていたこととか、想いを少し。

なんでもそうなんだけど、
物事がうまくいっているかも、と思えたときほど、
急に目の前に大きな壁が現れたり。

何にもうまくいかないなぁって時は、これでもかってくらい、
「うまくいかない」が重なってきたり。

いつもいつも、
人生というのはなぜこんなにも試練を与えたがるのか。

なんだか最近、
Superendrollerを立ち上げたときのことをよく思い出していて。

ひとりで、とにかく、「やるしかねぇ」って状態をつくり出して、
右も左もわからず、でも道を人に聞いたり教えてもらったりして、
とにかく進んできて、今、ここは間違いなくその延長線上のはずなのに、
「あれ?ここ通ったことある?」
みたいな状況です。

3年、約1000日ちょい?24000時間?

いったいどれだけの距離を進んだ、「今、ここ」なのでしょうか?
そのうち、どれだけの時間、迷子になっていたのでしょうか?
いったい僕は、時速どれくらいで走ってきたのでしょうか?
そんなのは絶対に答えなんかないんだけど。

つくってきた作品や、出逢ったひとたちが目印になって、
なんとなーくはその道を覚えているのですが、
やっぱりまだ闇雲に前をみて、進もうとしている。

あの頃と違うのは、
支えてくれる人が増え、仲間も増えた。

だから最近、次の一歩は、同じじゃいけないな、と思う事が増えました。

自分の作品を多くの人に知ってもらいたい。

その為に、次の一歩をどうするか、いつも考えています。
すぐにはまだまだ難しいのかもしれない。
だけでも、いつまでも待ってるわけにもいかない。

それはSuperendrollerをはじめて、
多分、出逢った人や仲間が変えてくれたことだと思います。

だから、僕は、もうそろそろ、飛び出したい。
新しいところに。まだまだ、もっともっと。

そんな事を考えて、
それらが投影される作品になるといいな、と思います。
「hammer & hummingbird」

長くなっちゃった!

よっし!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

濱田真和 Superendroller