福永マリカ1、5 福永マリカ3 福永マリカ2

福永マリカ(フクナガマリカ)/役者・脚本家・歌手

1992年1月4日生まれ。神奈川県出身。
2002年デビュー。
16歳の頃、『東京少女 福永マリカ』(2008・BS-TBS)で全4作の脚本・主演を担当し、日本最年少脚本家となる。
2012年からは、ムーンライダーズの岡田徹氏がプロデュースするテクノポップバンド『新・チロリン』で活動を開始。ボーカル、ギターのほか、作詞や作曲をしている。
2015年からはフリーランスとなり、役者業を中心として活動中。
舞台出演作に、鵺的『奇想の前提』が待機している。(2017年7月21日〜30日・中野テアトルBONBON)
福永マリカ公式twitter

福永マリカ公式雑記『福永マリンパーク』

【主な出演作】
[舞台]
・月刊「根本宗子」第9号『夢も希望もなく。』(2014・駅前劇場)
・月刊「根本宗子」再び第7号『今、出来る、精一杯。』(2015・テアトルBONBON)
・鵺的第十回公演『悪魔を汚せ』(2016・駅前劇場)
・プロペラ犬第7回公演『珍渦虫』(2016・ザ・スズナリ)
・朝劇下北沢(朝のカフェでの芝居)レギュラーメンバーとして月二回公演中

[ドラマ]
・『東京少女 福永マリカ』(2008・BS−TBS)
・『龍馬伝』(2010・NHK)

[映画]
・『呪怨 白い老女』(2009)
・『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜』(2012)
・『スカブロ』(2017年公開予定)

[PV]
・supercell『君の知らない物語』(2009)

[脚本]
・『東京少女 福永マリカ』(2008・BS−TBS)
・朗読劇『放送禁止。』(2012・青山円形劇場)
・朝劇下北沢『朝が起きたら』(2015・CAFE VIZZ)