hamhum仮タイトル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018 . 2/28 (Wed) ~ 3/4 (Sun) at THEATER-SOU


脚本・演出:濱田真和(Superendroller)

IMG_5625

音楽: (読み:ツー)

IMG_6554

照明作家:渡辺敬之 (仕立て屋のサーカス/tremolo)

nabesha


この度、舞台「hammer & hummingbird」の
キャスト・スタッフオーディションを開催致します。

募集受付は終了致しました。沢山のご応募、本当にありがとうございました。


2018年2月28日(水)〜3月4日(日)にすみだパークスタジオ 倉にて上演する
Superendrollerがプロデュースする新作舞台、
Superendroller LIVE “scene04″ 『 hammer & hummingbird 』に
(読み:ハンマー アンド ハミングバード)
ご参加頂く、キャスト・スタッフオーディションを開催致します。
キャストに関してはヒロインを含むメインキャスト数名を募集致します。
そして俳優・役者の方は勿論、
演出や脚本を学びたい方、衣装・美術・小道具など作品つくりの裏側を知りたいという方、
なんでも良いから関わってみたいというスタッフ希望の方も大募集です。
キャストスタッフ、どちらも経験は問いません。未経験者大歓迎です。
奮ってご応募くださいませ!


img_3354


【応募資格】
・キャスト数名 → 16〜50歳の男女
・スタッフ数名 → 年齢・性別不問
※ただし、未成年者の場合は御両親の承諾書が必要となります。
※事務所所属の方は必ず、事務所の許可を頂いてからご応募ください。

・2018年1月下旬〜の稽古および、
2月26、27日の小屋入り
2月28日〜3月4日の公演に滞りなく参加できる方。
※稽古期間中の他案件でのNGについては相談可能です。

【キャストオーディション日程】
*書類選考なし

一次審査:2017年11月18日、19日(どちらか1日の内、一組数時間)
ニ次審査:2017年11月25日、26日(どちらか1日の内、一組数時間)

※三次審査以降の日程・会場は、該当者に個別でお伝え致します。

【スタッフ面談日程】
*書類選考なし
応募者の方にのみ、個別でメールにてお伝え致します。

【オーディション会場】
都内。
応募者の方にのみ、個別でメールにてお伝え致します。

【参加費】
キャスト希望・スタッフ希望、どちらも無料。
※会場までの交通費はご負担ください。

【条件】
ノルマなし。
ギャランティについては応相談。

【応募方法】
件名に、『舞台オーディション応募』と記載し、

1、お名前〈要フリガナ〉
2、年齢・生年月日
3、身長・体重
4、連絡先3点〈住所・電話番号・メールアドレス〉
5、写真2点〈バストアップ・全身〉
6、芸歴・経歴
7、キャスト希望 or スタッフ希望

以上7点を必ず明記の上、
info@superendroller.comまでご応募ください。
こちらからの返信を以て、応募完了となりますので、
必ず、〈 info@superendroller.com 〉からのメールが受け取れる様、受信設定をお願い致します。

※オーディション当日、ご来場の際に受付にて
紙媒体でのプロフィールと写真2点〈バストアップ・全身〉をご提出頂きます。
ご了承ください。(形式は問いません)

【応募締切】
2017年11月12日(日)まで

【主催】
Superendroller


【問い合わせ】
info@superendroller.com


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


hammer & hummingbird(ハンマーアンドハミングバード)という作品は、

自分の信じるものと世の中のズレやその距離にいつも苛立ち、それでも自分だけを信じて夢を追いかけ走ってきた、
中村泳(なかむら およぐ)という主人公が、
ついに成功を手に入れたはずなのに、そのとき自分のまわりには、本当に欲しかったものは何も残っていなくて。
それに気づいた中村泳は、もう走れなくなってしまった。

現実から夢までの道のり=速さ×時間なんかじゃ説明できなくて。
あの頃から今日までの道のり=速さ×時間なんかじゃ測れない。

そんな走れなくなってしまった中村泳が旅の道中、同じ様に事情を抱えた様々な旅人たちと出逢い、記憶の地図と共に旅する物語です。

 

『繰り返し10年かけてでも言わなきゃいけない事ってあるし、何度でも言っていい言葉ってあると思う。』

書いている時にこの言葉を聞けたことで、この作品がぐんと育っていった感覚があります。

今までつくってて、「そんなの綺麗事だよ」と言われることがありました。
自分でも「こんなの綺麗事だよな」と思うことがありました。

どいつもこいつもうるせーって思いながらも、

そんなに世の中汚れているんだろうか? と、考えてしまいました。
汚れているのは、俺なんじゃねーか? と、嫌悪することもありました。

でも、自分でつくる作品くらいは、いつまでも「綺麗なこと」を唄っていきたいと、気づけたときがありました。

現実や現代を嘆くだけじゃなくて、
「こうであって欲しい」、「こうなって欲しい」ことを全力で、何度も、何度でも唄っていたいと思いました。
そういう人たちが、実際にいるってことを、知って欲しいと思いました。

余分な荷物は捨てて、重たい過去は捨てずに背負って。
命を燃やしてガソリンに変える。
いつもギリギリで、死にかけでも、走るしかない、
走り続けるしかないんだ僕たちは。

道に迷ったときは、星を頼りに歩けばいいから。

自由と反抗。痛みとの併走。
そうやって、泥にまみれて狂って生く。

hammer & hummingbird、金槌とハチドリ。

どうぞ宜しくお願い致します!
Superendroller 濱田真和


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA